奈良県曽爾村の滝(4)


布引滝

済浄坊の滝から車に戻り、県道784号赤目掛線を進む。布引滝
道路の右側を注意しつつ、しばらく走るとアスファルト舗装の小道が見えた。
車を停めてみると、標識には「林道川下り線」と書いてある。
川下り林道に右折し、布引滝へと向かう。
程なく林道は布引谷に沿うようになり、一旦左岸から右岸へ、そして再び左岸に渡り返したところで車止めゲートである。
ゲート前の路肩に車を停め、谷を振り返ると布引滝が落ちていた。
橋の左岸から薄い踏み跡をたどり、布引滝の滝壷に着く。布引滝
布引滝の名のごとく、静かな斜瀑である。
落差は30mはあろうか。
水流が三日月型の波模様を作りながら、静かに細長い滝壷に滑り落ちていく様は、何時まで眺めていても見飽きないほどである。
(2004年11月1日)

布引滝
布引滝


済浄坊の滝へ大滝へ



滝のリストへ戻る

トップへ戻る