紀宝町の滝(14)


牛鬼の滝

幻の滝から車に戻り、林道桐原浅里線を進んで牛鬼の滝のある地蔵谷へ向かう。牛鬼の滝
二つ目の子の泊山登山道の看板が見えてくる。
入り口に鉄の階段が備えられていることからして、今はこの登山道がメインに使われているようである。
看板近くの広場に車を停め、近くを流れている地蔵谷に左岸の踏み跡から入る。
20分ほど谷を遡行すると、山が大崩れを起こしていた。
崩壊地の奥には、20m程の無名滝が落ちている。
本来ならこの滝の右側には巻き道がついているはずだが、残念ながら土砂で埋まっており、この崩壊地を登るしかなさそうである。
牛鬼の滝ストックを頼りに、軟弱な崩壊地を進む。
浮石が至るところにあり、少々危険である。
崩壊地を越え、巻き道に取り付く。
20m滝の上にあった5mほどの滝二つも巻き越えると、おなじみの川原歩きである。
入り口から50分少々、前方に牛鬼の滝が見えてきた。
落差30m程の、末広がりの豪快な斜瀑である。
牛鬼とは深い山に落ちる滝の滝壷に住む、頭が牛で体が鬼(諸説あり)の妖怪のことだが、まさに物の怪でもいそうな、秘境の地の滝である。
牛鬼の滝


幻の滝(不動滝)へ柱滝へ



滝のリストへ戻る

トップへ戻る