飯高町 虻野


栢原不動滝

以前滝見に飯高町を訪れた折、国道166号線沿いに「栢原不動尊」と書かれた看板を見つけた。栢原不動滝と不動祠
不動尊と言えば滝が付き物である。
「もしかしたら不動滝があるかも知れない」と思っていたところ、果たして「ある」との情報を掲示板で頂いた。
松阪から国道166号線を西に進み、飯高町に入る。
町境近くの不動橋を渡ると、右に「栢原不動尊」と書かれた看板が見える。栢原不動滝
右折してアスファルト舗装された細い道に入り、道なりに数分走る。
広い駐車場に車を停め、参道を登る。
本堂はなかなか立派な造りで、土地の人の厚い信仰心をうかがわせる。
本堂の奥へ足を進めると、不動堂の右に不動滝が落ちていた。
修行の為の人工滝のようだが、二つの滝が一つの滝壷に水を落とす、合流瀑である。
左の流れは斜瀑、右の流れは直瀑であり、落差は双方とも8m程であろうか。
清冽な水流の中ほどには、小さな不動明王像が安置されていた。栢原不動滝
剣を持った右手を振り上げ、右足を上げた、躍動感のあるお姿である。
この姿に、修験道の代表的な仏である蔵王権現を思い起こすのは、私だけではあるまい。
この地もかつて、修験道の霊場だったのであろう。
(2004年9月15日)

不動明王像







布引滝へ椿の滝へ



滝のリストへ戻る

トップへ戻る