奈良県室生村の滝(14)


倶呂滝

右の倶呂滝へ向かう。倶呂滝
一旦下まで降りて倶呂滝手前の1m滝を巻き越えるのも良いが、陀羅滝下部の左岸から倶呂滝右岸へトラバースした方が安全であろう。
滑床を10mほど歩いて、倶呂滝の滝壷にたどり着く。
数段に分かれて落ちる段瀑である。
最下段は3mの斜瀑、二段目は迫力のある5mの直瀑であり、その上にもう一つ傾斜45度程の斜瀑が見えている。
滝の全容を拝むことは出来ないものの、総落差は15m程であろうか。
陀羅滝とは対照的に、豪快で迫力のある滝である。倶呂滝
滝前では激しい水流の巻き起こす滝風の風圧を、かなり強く感じる。
この陀羅滝・倶呂滝の二滝は、土地の人からもまったく忘れ去られており、地図以外にほとんど情報が無かったが、両方ともなかなかの名瀑である。
夏場に涼を楽しむには、まさにうってつけの滝と言えよう。
(2004年11月18日)


倶呂滝
倶呂滝


陀羅滝へ



滝のリストへ戻る

トップへ戻る