松阪市飯高 大崩谷(1)


鯛ヶ淵の滝

国道166号線を走って飯高加波地区に入り、新加波橋を渡る。鯛ヶ淵の滝
突き当りを右折して民家の間を抜け、大崩橋(おおくずればし)を渡って広場に車を停める。
谷の右岸には、軽トラックの轍の跡を付けた作業道が伸びている。
作業道を歩く。
作業道終点の少し手前で山道に上がり、林の中を抜けていく。
程なく鉄の橋を渡り、左岸へと転じたところで、堰堤を巻き越える。
歩き始めてから10分ほどで、谷のほうから滝音が聞こえてきた。
滝を少し通り過ぎ、二つ目の堰堤手前で谷に降りて、滝を拝む。
落差2m程の直瀑である。
広く深い滝壷が美しい。
(2005年10月3日)


コウセン滝へ大崩谷魚止滝へ



滝のリストへ戻る

トップへ戻る